Blog

ブログ更新情報


2014

卒業生メッセージ《男子》


☆河野恭介(主将 アルペン)

私たちの代に関して言えば、個々の力に恵まれていたという印象が非常に強いです。反面、チームとして臨む唯一の大会であるインカレで主力を欠くという事態は免れませんでした。しかし、W杯に4名、オリンピックに2名が出場を果たしたということもあり、そうした国際大会での経験からチームに与える影響は大きかったのではないかと思います。この4年間、早稲田大学スキー部の一員として戦うことができたことに感謝しています。



☆井上賢之介(副将 アルペン)

人生最後のインカレも終わり、また新たな人生への第一歩を踏み出そうとしています。
この4年間を振り替えって本当に心から感じることは、いい仲間を持てたということです。それは決して同期だけでなく先輩も後輩もみんなが素晴らしい方々でした。生まれも育ちも違う様々な学生同士がひとつ屋根の下で、共に暮らすということは簡単なことではありませんでした。相手を受け入れること、尊重しあうことがどれだけ大切なことかを実感させられるべくして与えられた4年間だったように感じています。
個性のある仲間たちでしたが目的はひとつ!「男女総合優勝」のために心をひとつにして今年も戦い抜きました。結果は叶いませんでしたが、勝つことの難しさを感じる反面、チームの暖かさを感じることもできました。インカレは誰もが出れる大会ではない寂しく厳しい一面もありますが、その分出れない仲間の気持ちを背負いながら戦う選手と何とかベストを尽くしてほしいとサポートに徹してくれる仲間たちとの気持ちが、勝つことよりも価値のある、何よりの思い出を作ってくれるのです。本当に今年のインカレも気持ちのいい大会でした!いい同期を持ちました!いい後輩に恵まれました。私はみんなに支えられてここまで来れたのだと心から実感させられる日となりました。
支えられてきた分、これまで以上に自分自身が支えとなれるように新たなステージで一生懸命取り組んでいきたいと思います!
最後に、これまでお世話になりました宮内先生はじめ、倉田監督やOBの方々に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。今後ともスキー部をよろしくお願い致します。




☆宮沢大志(チーフ クロスカントリー)

大学4年間で出会ったすべて人達に感謝です。素晴らしい仲間に出会えたと思います。私の挑戦はこれからです。最高でした。きっかけをくれたチームに感謝します。




☆渡部善斗(チーフ コンバインド)

「卒業生の役割は後輩に経験を伝え、想いを託すことだ」と、どこかで聞いた気がするので、4年という時間の中で大事だと思ったこと、意識していたことを何点か書きます。
・とりあえず何でも楽しんでみてください。良いか悪いかは後回しです。

・人に頼ってください。1人でできること、1人で頑張れることは案外少ないです。

・思い切って変わってみてください。今までと違った自分を見つけると、一気に世界が広がります。

・「何のため」、「誰のため」を見つけてください。これがわかってるだけで人一倍頑張れます。

参考にするもよし、「ちょっと何言ってるかわかんないっス」もよし。ただの感想文だと思って見てください。

真面目過ぎず、ふざけ過ぎない。

楽観的でもなく、悲観的でもない。

考え過ぎず、考えなさ過ぎない。

全員が常に自分のど真ん中を見極め、どっしりと構えている。そんなカッコいいチームであって欲しいです。
本当に楽しかった。早稲田のスキー部で良かった。みんなに会えてよかった。

みんなありがとう。
これからもちょいちょいよろしく。

 

コメント
名前

内容