Blog

ブログ更新情報


2019

全体合宿

今回のブログを担当させていただきます、本年度副主将を仰せつかりましたアルペン部門の中平賢郷です。よろしくお願い致します。


早稲田大学スキー部は9月22日~25日にかけて全体合宿を長野県菅平高原で行いました。



23日の午前は各部門に分かれ練習したのち、午後はサッカーとアルペン部門のトレーニングを全部門で行いました。同じスキーでも、アルペン・クロスカントリー・ジャンプ・モーグルとそれぞれの競技特性があり、必要とする筋力も異なります。今回はアジリティ系のサーキットトレーニングを行い、辛いメニューでしたが、みんなで声を出し合いながらしっかり追い込むことができました。


24日の午前は全部門で標高2207mの根子岳の登山を行いました。さすがにランナーは速く、ついていこうと思いましたが、あっさり離されてしまいました。この日最初にセミナーハウスにゴールしたのはモーグル部門2年の西沢岳人選手でした。高い身体能力と抜群なルックスを持っている彼の応援をよろしくお願い致します。


午後は、毎年恒例バレーボール大会です。本来ならば、学年対抗戦なのですが、人数の関係で副主将である私の独断と偏見でチームを編成しました。一戸監督にも参加していただいたのですが、「俺、肩痛くてアタックできないし下手くそだよ。」と言っていた監督が華麗なアタックを決めたときは、もう監督の言うことは信じないと心に決めました。そんなウソつきの監督のチームが優勝し、負けたチームには寸劇やお笑いなどの罰ゲームを夕食の時間やってもらい、とても盛り上がりました。

最終日は、グラウンドで監督考案のインターバルリレーを行いました。蓄積された疲労と菅平高原の1250mという標高も相まってとてもつらかったです。しかし、みんなで声をかけてお互いを奮い立たせることで何とか乗り切り無事全体合宿を終えることができました。



今回の全体合宿は主将であるコンバインド部門の山本涼太が海外遠征で不在であり、また各部門も全体合宿の前に合宿や遠征を組んでおり、疲労が蓄積された中で全体合宿を行うということで不安材料もありましたが、怪我人も出ることなく、間近にせまるシーズンに向けてチームの団結力をより強いものにすることができました。



私たちスキー部は、2017年度創部98年で初となる男女アベック総合優勝を成し遂げました。しかし、昨年度は女子が総合準優勝に終わり2連覇を成し遂げることはできませんでした。来年度はスキー部創立100周年を迎え、節目の年となります。今年は2度目の男女アベック総合優勝を成し遂げ、100周年を気持ちよく迎えられるよう日々邁進していきますので、これからも変わらぬご指導、応援の程宜しくお願い致します。


中平賢郷

コメント
名前

内容